スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

◆†その同居嫁、感涙† 

今日は勤務だったのだが、マナーモードにしておいた携帯が振るえた。長い…メールじゃなくて電話か!なんの緊急事態?と携帯をみると別居先ダントツ第一候補アパートの会社からだった。
もし契約が決まって部屋が無くなったら連絡下さいとお願いしてあったのです。まさか…と、電話に出ると予想通りの内容だった。私達家族の他にもう一組そのアパートを考えている家族がいると聞いていたのです。先越されちゃったー(>_<)ヾ

あぁぁぁー…;
悲しすぎる…だからさっさと決めれば良かったのに!他と比べたら迷う余地無かったけど、ダンナを急かすのも逆効果か?と様子を見てた私のバカバカバカ!でも急かしてキレられたり、急かして契約させて後から『お前が急かしたからだ!』とか言われるの嫌だったんだよぅ;

【春には別居♪】を生き甲斐にしばらく穏やかに過ごしてきたので、「人生が\(^o^)/オワタ!」ぐらいにテンション下がって、思わずダンナに電話。「あのアパート決まっちゃったってっ!4月までに家を出れないようなら離婚届け出すからっ(>o<;)」って言った。

そして勤務が終ると直不動産で新たな物件を探してもらったが一件だけしか無かった。小学校は校区外だがなんとかなる範囲。少しお高いが値段の割に合う間取りではある。で、帰宅して揉めた。

揉めた内容は、私の電話にさすがに慌てたダンナが既に取り寄せてある物件の中から一件を決めていた。そこは安いが古く狭い元社宅なアパート(昭和40年代築;)。しかし、私が新たに持ってきた物件を見て、高いが広さや間取りを評価し、そこに決めようと言う。すぐに契約と言うのだ、

両極端すぎる!そんなに簡単に決めるんなら見学もしてきた第一候補アパートをすぐ契約してくれてればー; 私は、下見見学はするべきだと思う。ましてや生活の再スタートの場所となる安くはない買い物(賃貸だけど)。

だから、一応ダンナが決めようとしたアパートと、私が見つけてきたアパートを両方見学してから決めようと言っているのに、後者でいいから見学なんて無駄(?)な事は嫌だ、見て来たいならお前一人で見てこいと言う。えぇー?違う!それ違うよ!夫婦で納得して決めたいんだよー!なんでこんな事で揉めてケンカになるのか訳が解らない。

どうしていいか解らなくなった私は初めて次女義姉の携帯に電話して助けを求めた。…ダンナは電話を代わる気もなく、やがて私から電話を取り上げ切ってしまった。たぶん義姉からと思われる電話がダンナの携帯にかかるがダンナは無視して、私と口論。

そこになんと義姉が来てくれたのです!まさに口論中の二階に!義姉は私の病気の事も知っていて、病気に関する知識も持っていた。私は不安だから見学してからの契約を望んでいる、夫婦で納得して決めたいので夫婦で見学してきたいという私の思いを全て理解してくれていた。

ダンナに『そういう事を受け止めてあげるのも病気を治す一歩なんだよ!一緒に通院もしてあげないと、って言ってたのに結局一緒に行ってあげたの?周りが大事なんだよ!本とか読んで勉強した?アンタを否定する訳じゃないけど、アンタの考え方おかしいよ!』ダンナには何もしてもらってないけど、義姉さんはダンナにそんなアドバイスをくれていたのか…。ダンナ側は孤立無縁だと思ってたのに、解って考えてくれてる人がいた…、と知って涙が止まらなかった。

説得には時間がかかったけど、明日は二件を見学した後、契約する事に決まった。

義姉さんとは今までそんなに話さなかったけど、今晩は嫁姑やダンナ関係の話などたくさん話して貰えた。為になる話ばかりだった。ダンナにも短気過ぎると叱ってくれたし、姑対策も教えてもらった。そんな話をしている内にダンナも落ち着いた様で話に参加してきた。ダンナは義姉さんを玄関に見送る時にまでブツブツ言っていたが、義姉さんは『大丈夫やよ。アイツ天邪鬼だから(^-^*)ノシ』と笑ってくれた。ダンナとも仲直り出来た。

私のSOSの電話に、21時すぎだというのに駆け付けて、長々と夫婦口論に付き合ってくれた上に、私の気持ちを汲んでくれる話をしてくれて感謝している。どうしてもっと早く義姉さん達にココロを開け無かったのだろうと後悔した。【あの義母の娘達】という見方しか出来なかった自分を恥ずかしく思った。
スポンサーサイト

[2010/01/30 23:58] 未分類 | TB(0) | CM(2)

よかったですね!

本当によかった。向こうサイドに理解者がいてくれるのはものすごく大きなよりどころです。これからいつもSOSしてお世話をかけたらいいというのではなく、心の支えとしても。春が近づいた感じですね。
[2010/01/31 14:56] なな [ 編集 ]

ななさんへ

近所にお住まいの次女義姉なので、
しょっちゅう子連れで来られてて
うーん;なイメージだったのですが、
ちゃんとしかっり見る目がある人だったんだ!
と思いました。
私サイドからアレコレ言うよりも、旦那サイドから何気に言われた方がダンナも聞く耳持つと思うので心強い感じです。

兄や姉の存在に憧れていながら年子同然な義姉妹の仲には入っていけず、こちらから壁を作った感があるのですが、これを機会に義姉達とも仲良くなれたらと思います。
[2010/02/04 20:01] アオイ■ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/2008-8048fea6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。