FC2ブログ





◆†その同居嫁、複雑† 

20100119182314
5個で100円だったからオマケ的な感じで買ってきたお惣菜。

次男:ヒロが大好物なので、たまにちゃんと大きいのをオカズに買ってあげるのですが、ダンナも「俺のはー?」と欲しがるのでプチドッグを買ってきてみた訳。

ヒロは帰宅するなり、買い物袋をあさり今晩のメニュー確認。そして『わーい!ヒロの好きなやつー☆』と喜ぶのかと思いきや『5個…って事は…』と言い出す。

あぁ、そういえば前にダンナが不在と解ってる時に全部5等分出来るオカズを見て
『てことは、一人一個だ!』「え?!なんで一人一個って解るのっ!?スゴーイ!!(おおげさに;)」『普通、解るしっ!でもヒロもっと食べたい。』「あ、ママはソレどうでもいいからあげるよ。」
って事があったなー。

コレも『最高でも一人一個、しかも食べられない人もいるっ!?』とか思ったのかなーと思ったので
「あー、それは食べたくない人もいると思うから、2つ以上食べれるよ。」
と言ってあげた。

…んだけど、真意は違った。

『5個って事はパパがいないって事でしょ?』


…え?!そっち??

「パパは夕飯食べる予定だよ。パパがいない方がいいのー?」
『だって怒るもん。アツ君(長男)が怒られててもヒロが怒られてる気持ちになるよ。』
「それはママも同じだよ。アツやヒロが怒られててもママも怒られてる気分だよ。」


うーん…。
まぁ小僧達も怒られる事はしてるんだけど、その怒り方が問題なんだよね。


さて別居先なんですが、
あんまりセッカチに進め過ぎると拒否反応が出るかと、様子を見てたんだけど昨夜何気に
「ねぇ、なんでも聞いてみるんだけど。いい?」『何?』「例のアパート、モデルルームの見学やってるみたいだから下見にだけでも行って来ない?」

返事無し…
返事はしようよぉ!
でも焦らず様子見して、寝る間際に再度「で、さっきの見学、今週末にでもどうかね?」『…下見だけだぞ。』「そそ、下見。じゃ予約いるみたいだから見学予約メール出しておくねぇ。」


子供達が気に入ってるアパート、ってのがポイント高いと思うんだ。あとはダンナ次第。なるべく早めの決定を待つ同居嫁なのでありました。
スポンサーサイト




[2010/01/19 18:23] 未分類 | TB(0) | CM(2)

恐怖

子供は父親を怖がってるんだね~

慌てず焦らず
しかしあまりにも放置されたらまずいから
少しづつ言わないとね
[2010/01/19 21:27] のり [ 編集 ]

のりさんへ

子供は、パパを怖がり、言いたい事や伝えたい事も言えない状態なんですよね。
父親はいざという時はガツンと怒る存在ではあって欲しいけど、相談もできないような父親では信頼されてないって事でしょう?
それは改善してほしい「状態」ですね。

男の子2人なのに、相談ごとはこっそりママにしてくるのだけど、やがてもっと大きくなった時はやはり父親が相談相手にふさわしい事も出てくると思うのですよ。


本当に「慌てず焦らずじっくり推し進める」っていう
体制です。何かする時にいつもの何倍も、数種類のシュミレーションを練るようになっちゃった^^;
[2010/01/19 22:50] アオイ■ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/1994-58ccd4e1