FC2ブログ





◆鬱はつらい。 

思いつくまま、打ってみる。文章は支離滅裂になるかも。


軽く発症した頃から数えるともう10年くらいになるんじゃないかな。

良くなったり悪くなったりして、「完治ってどんな感じになったら完治なの?…ていうか治るの?」って感じ。

母親がこんなだから子供達には絶対影響を与えていると思う。情緒不安定な息子たちに育ってしまったと思う。爺婆と両親の教育方針のズレも間のあたりにしてきたはず。姑に関しての夫婦ケンカも見せてきてしまった。こんな育児になるのだったら産んであげない方が良かったね、ごめんね、と思う。

今、家事はダンナが分担してくれてはいるが、私の病気には理解がない。病気について理解する気もない様子。

もともとは、慣れない同居+姑根性丸出しの姑+育児+家事+仕事帰りにパチスロで深夜帰宅のダンナ=鬱病発症な感じなのだが、加害者側は加害者意識は無い模様。

私は鬱病ゆえ、いろんな事へのヤル気という物が消え、生きている意味さえ解らない有り様。前に出来ていた事が出来なくなったり、出来てもひどく疲れたりする。でも、「私、本当に病気なのかな?怠け者なだけなんじゃないかな?」って思う時もある。で、「こんな私、いてもしょうがないんじゃない?迷惑ばかりかけて…いっそいなくなった方がいいんじゃないかな。」とか思って、消えれる方法を考えたりする。

ダンナは元々文句言いで、短気で、自分本位で、我が侭で、好き嫌いも多く激しく、歳の離れた姉二人がいる末っ子長男。

私がこんな状態になっているから家事を分担してくれている。そのせいか、ますます文句言いになった。
でも相変わらず自分のミスには甘いというか、自分に都合の悪い事は棚にあげて人には注意をするダンナなのだ。この性格は義母も同じ。

自分は家事を手伝ってやっている→いちいち全ての目についた文句を言う(自分にも当てはまるんじゃ?という事は全く考えない)→相手が少しでも言い訳なり意見を言うと「口ごたえするな!」と大声でキレ気味。自分の価値観が全てなんだとしか思えない。


話にならない。基本的に話し合いが嫌い。見事に聞き下手。男尊女卑な昔男かな。「女のくせに」「それがお前の仕事だろ」が得意セリフ。

なんで結婚しちゃったのかな。嫌いじゃなかったけど、そんなに愛してもいなかったと思う。情と流れで結婚してしまった。

そんな私も悪い。私が断れば、ダンナには別の結婚生活があったかもしれない。なんだかんだと相手をダンナに選んだ私の責任もあると思う。だから結婚生活を頑張ってきたつもりなのだけど、今は離婚したい気持ちも大きい。
でも、私は子供を手放す気は無いし、子供が学校を変わる事を嫌がっているし、実家には弟夫婦がいるので実家には帰れないし、私は子供と三人で暮らせる甲斐性はない。これでは離婚は出来ない。でもダンナの事は人として尊敬出来ないのです。理由は解らないけど、ダンナは離婚する気はないらしい。ま、跡継ぎだからかなぁ。

私がこんな状態だからダンナの事をその様にしか見えないのかは解らない。

私は、私の話を聞いたり、本を読んだりして病気について少しでもダンナに理解してほしいのですが、ダンナにその気は無いらしく「お前が何言っても俺は理解出来ないから!俺はお前が出来ない事(家事等)をやってるだけ。」と言われてしまいました。

なんか情けないというか寂しいよ、こんな夫婦。夫婦でいる必要があるのだろうか?

実家の方は、離婚せずに済むならそれにこした事はないけど、私がこんな不安定な状態なら離婚すればよいと思っていて、実家に帰ってこれば良いと思っている。

生々しい話でアレですが、私はこんな気持ちでいるのに、Hを求められても全くそんな気持ちになれない。断ると不機嫌になったりケンカになったりするのにもウンザリ。一般的に愛情を感じるすべとして、女性は気持ちが先で、男性はHが先なのだそうですよ。


私はどうやって生きて行けば楽なのかなぁ。文句ばかり言われて、好きな事もろくろくできず、何の為に生きているのか本当に解りません。

あえて言えば、「子供達の為に生きている」かな。私が今、自ら命を絶つ様な事になれば(仮に事故や病気で死んだとしても)子供達に確実に影響が出るでしょう。子供達はママがいるのは嬉しいけれど、パパはいない方が楽だそうです。ダンナが飲み会などで帰宅が深夜になるのが解ると実は大喜びしてますね。子供から見てもダンナは色々と理不尽で矛盾した存在らしいです。

父親としてもダンナとしても、問題があるダンナ。

もしかしたら同居じゃなかったら、ダンナも私も違っていたかもしれません。

核家族だったら。
私が鬱にならなかったら。考えてもどうにもならない過去の話。


今、どうしたらいいのか。
これからどうしたらいいのか。


本当は、皆の記憶から私が消えて、私自身も消えれたら良いと思う。
スポンサーサイト




[2009/12/28 03:10] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/1956-821b4e3b