FC2ブログ





■コメント(昔はBBSカキコだったのにね) 

本人に聞こえないところでコソコソやるのは卑怯だと思うんだけど、よく考えたら身内の愚痴をさんざんここで書いてるから今更いっか!ここは私の心の掃除場所なんだ・か・ら♪(ハイ、開き直り乙!)

私はネットでココ以外にもちょっとやってて、例のサイトバレから「世の中狭い・・・」と大警戒して、各サイトのつながり(リンク)を外したり、ハンドルネーム変えたりしてやってるわけです。

でね、あるところで知り合った方がいるんですけど、「なんぞ?!」ってくらい毎日メッセージをくれるのです。それもちょっとした携帯メールレベルの質問を。最初は「ほお、こういう人もいるのかぁ。」くらいだったんですけど、最近は「スパムメールかい!?」くらいの勢いになってきて正直困ってます。放置しておくとすごくメッセージが溜まりそうなので、見たらその場ですぐ何通も返信してますが、最近はそのページを開くのが億劫になってきました。

なんというか一気に宿題を出されたような気分に;

「週末の予定は?」「扇風機どこにしまう?」とか他愛のない質問から、「人生って・・・」みたいな思い質問までよりどりみどり。ま、質問に答えるのは結構得意なので、私の意見で何か役立つなら・・・と、まあ良しとします(回数は多いけど;)。
その人(Yさんとします。)もネットで日記書いてるんですけど、最初の方は「日記更新したので見てね。」「コメント書いてってね。」というものでした。私の困ってるメッセージはコレだー!日記を読むのを強要されるのもコメを書くことも求められるのも困る; 頻繁だし;

自分が日記を書いておいてアレですが、私はあまり人の日記をマメに読みにいかないのです。気の向いた時にまとめ読みの旅にでます。で、気がむいたらカキコ。私はとてもYさんの希望に沿うような視聴者(?)にはなれない。仮に読んでも自分の心に触れない内容の日記にコメをつけるというのは大変ですよ。っていうかそれじゃ宿題だってば。読み逃げバンザイ!

そしてYさんのメッセージ内容が「コメの数が少なかった。日記が面白くないのかな。どうしたら面白く書けるのかな。」という微妙に重たい内容に。


ええええええええ?!ちょ!


こういうのは人の価値観だからねぇ。書き手のセンスも必要だしねぇ。面白い日記を書く本とかも本屋のネットコーナーに売ってるから、それ見て面白い日記が書ける人は読めばいいんじゃないかな。私は、今更書き方なんて直せないけどさぁ。

私はコメの数はまったく気にしないタイプです。(←コメをいただくと有り難いとは思います。)見に来てくれてる人の数は気になります。だけど見に来てくれてる人がいなくても私は日記を書くよ。だって私が書きたいんだもん。そのついでに楽しんで読んでくれる人がいれば尚良し!ですよ。
そして日記が面白ければ宣伝して回らなくても見に来てくれる人は増える!と思うんだ。ただ万人が面白いと思う日記は難しいと思うけどね。更に、面白さとコメの数は比例するとは限らないから、コメ数を気にしてもしょうがないと思うのですよ。面白くて吹いた日記を読み逃げする事なんていくらでもありますからね。

と、まあ上記のような事をお返事したことがあるのですが、とうとうこんなメッセージが。

「とうとうコメが一つもなかった。登録してある友達が○○○人もいるのに。」


・・・・・・・・・・。


そういう風に思っちゃうもんなの?だってそういうサイトの友達登録って必ずしもそんな真剣な気持ちで友達登録する人ってどれだけいるんでしょうか。

ネット上での付き合いが長かったり深かったりして、もう現実世界の友達のような感覚になってる人もいますが、そうでない場合も結構多いんじゃないですかね?「友だち登録して」って言われたから登録した、というレベルで。登録だけしてなんの絡みもないんじゃ登録する意味もないかと思いますが。ひょっとしてYさんは日記を読んでコメもらうための友達登録だったのでしょうか。

迂闊に友達登録はしちゃいけないんだな。相手の期待にそえないかもしれないんだ・・・。と考えさせてもらう良いきっかけになりました。

・・・が、現実世界での友達ともそう頻繁に合ってるわけでも、そう頻繁にメールやりとりしてるわけでもないけどね。でも友達は友達だよ。

なんか書いてるうちに「友達」がなんなのか解らなくなってきたよ。でもYさんの考えは違うと思うな。友だちに見返りを求めてはダメなんじゃないかな。違うかな。

ちょっとぉ。なんか真面目な日記になっちゃったよ~;


【拍手】は普通に嬉しいので、どんどんパンパン拍手したらいいと思うYOー!いえーい!ぽちっとな!
     
スポンサーサイト




[2008/10/03 14:07] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/1598-eb92c615