FC2ブログ





体力は大事だ。 

人出不足の為に、連日入浴介助で半端なくヘトヘトでフラフラ。
いくら「頑張るぞー」と思ってはいても体力には限界ってものがある。
午後からもハイテンションでレクリエーションしなきゃだし。

簡単に言えば、まともに入浴介助に入れる人員が三人。一日で二人入浴介助に入らなければならない。
要するに私だけではなく三人とも大変なのだ。
私が入浴介助を回避出来ても他の二人が余計に大変になるだけ。それでは意味がない。三人ともかなり風邪を長引かせているのも事実だ。

私は、人出が無い時は事務仕事ばかりしているカウンター内の2人もたまには入浴介助に入ってほしい。と、いうか入ってもらわないと無理っ。
事務仕事も大変なのも解るのだが介護職員でもあるのだから、そこは人出の様子を見て考えて欲しい。一日中パソコンに向かってて何が介護職員かと。

なので、まず具体的な証拠を見せて説得出来るように、勤務表の入浴介助に入った人の日勤印の○に色を付けてみた。改めて見てみると、三人の重労働っぷりが想像以上に解りやすい。
すると、例のカウンター内の2人が気付いたようで、連日入浴介助を避けるように配置してくれるようになった。人員は限られているので、その2人も入浴介助に加わる日が出来たという事だ。

カウンターの中の人も必要だが、現場第一だと思う。
映画じゃないけど、
「利用者はカウンターの中にいるんじゃない!現場にいらっしゃるんだー!」
と、いったところか。

カウンターの中にいる同僚が、
「体力仕事だし休めないから大変だね。こっちはその気になればサボれるけど。」
と言ったのが、言葉のアヤだったとしても言ってはいけない言葉だったと思う。
ずっと頭の隅にカチンとひっかかっている。
パソコンに向かって書類作成に頭を悩ませているが 、時々はボケ~っとしてるのね; と、とられても仕方のないセリフだ。

今、その2人とギクシャクしてるので壁を作ってせっしている私なのでした。
どっかの知らない赤の他人だと思えば結構割りきれるもんですな。勤務時間だけの顔合わせだしね。

最近めまいとか起こすので、本当に心身共にかなり疲労中。いっその事、仕事中に倒れて「過労が原因です」と診断されてみるのも良いと思っている。

今日はお休みだったので、持ち帰ってる仕事を少しだけして、とことん休んだ。
スポンサーサイト




[2008/03/28 22:50] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/1397-3112c6b9