FC2ブログ





「もう、いっちょ!(しつこくてスンマセン;)」 

そう、ブルーで凹まれるのは構わない。
落ち込ん(´・ω・`)ショボーンとしててもいいよ。

それが、怒ったり、プリプリツンツンになる人が苦手なのだ。

その代表的なのが、もう一人の人だ。(例の彼女は改善見られ問題なし。)
ツンツンオーラが伝わるんだからある意味スゴイ。
しかし、私はそのオーラに耐えられないのです。

先生(前)は「それもリハビリだよっ」と軽く言ってくれましたが、
もはやリハビリではなく症状悪化だよっ。・゚・(ノД`)・゚・。

ツンツンモードの時は、もはやどんなジョークは軽口も通じないどころか
キレだすから怖い。
「そういう状況じゃないから。(バシッ!)」→私的に感じる効果音」
「笑いごとじゃないから。(ピシッ!)」→効果音です^^;

ところがどういう心境の波がくるのか、妙に機嫌の良い時も稀にあり、
(たいてい具体的な良い事や嬉しい事があった日)
自らジュークや軽口を言い出すからビックリだ。
しょうがないのでジョークにのってあげるのだが、
(この間は何言ってもツンツンしてたのに、なんでコッチばっかのらなきゃならないの?!)と
思うのだが、
「今、そういう状況じゃないから。(パキン!)」→効果音
みたいに冷たくあしらえない自分が大人に見えたり、情けなく感じたり。


でもね、こっちは明るい職場がいいから明るく振舞ってる訳。

いうなれば、ろうそくの火を一生懸命ともしてる訳。
だけどそれを、ぶっ消されてばかりだったら、
いい加減こっちも、もうつけるの嫌になっちゃうよっ!・・・って話です。


あぁ、ちょっとスッキリした。


スポンサーサイト




[2008/03/14 22:47] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoitamu.blog27.fc2.com/tb.php/1392-cc309a78