スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■いつになったら強くなれる? 

仕事から帰宅したらダンナが美味しい夕飯作ってくれてた。食後はお盆で深夜営業してるパチへ。

小僧達は中一と小五になったけれど、相変わらずだらしないし、言う事聞かないし、うるさいし、寝ないし、言わなきゃ薬も飲まないし、毎日言ってても歯磨きしないし。なんかイライラしてきた。虚しくなってきた。

ここ数日、私はまた不安定。その事は小僧達にも伝えてあって、だから私を困らせないでって頼んであったのに。

アパートにいるのが辛くなって、車で飛び出した。同居嫁だった時も家から飛び出してたけど、アパートに住んでも飛び出しちゃうなんてね。私、ダメだね。

お盆嫌い。明日…てか、もう今日だけどダンナの実家から、お墓参りしてからお昼食べにおいでと言われてるとダンナから聞いたけど、嫌だから断った。

私の実家からも、さいさん15日に遊びにおいでと誘われてたけど断った。

私は六年前の春に亡くなった祖母の死を受け入れられていない。命日も嫌。お盆も嫌。婆ちゃんが亡くなった事を思い出すのが嫌。だから婆ちゃんが亡くなってからは実家に行くのが嫌になった。実家に行くと婆ちゃんはいないって認めざるをえないもん。ヤダ。辛い。

今、実家は弟が結婚し、素敵な嫁ちゃんが同居してて、初甥である息子も産まれて半年過ぎで可愛い盛り。
実家は平和そのもので丸くおさまっている。
そこに立ち行って、暗い顔を見せたくないから無理矢理元気に振る舞ってしまう。でもそれは凄く疲れる。もう私の事は忘れて欲しいとさえ思う。

車の中でいろいろ考えながら過ごしてたら涙がポロポロ出てきた。もういちいち弱すぎ。心がブレ過ぎ。

ダンナからメール。すぐに確認しなかったから間もなく電話がかかってきた。ダンナが帰宅したら私がいなかったので心配したらしい。

人とぶつかるのが嫌。人に怒るのも嫌。人に腹を立てるのも嫌。人を嫌いになるのも嫌。人に不快を感じるのも嫌。人にこれらの事を思われるのも嫌。こんな自分も嫌。

ダンナは『どうしたっていうがよ。どうしたいがよ。』と聞いてくるけど、その答えは私も解らない。

挙げ句に『なに〓打ってんの?そんな暗い事しとるから治らないんだ。』と言う。

私は「何がどうこうじゃなくて、そういう風になる波なんだよ。落ち着いたら寝るから。」って言ってるんだけど、ゆっくり落ち着かせてくれない。

私も自分で訳解らないから、他人が理解するのは難しいし、私も理解してもらえるような説明も出来ない。

たぶんこの文章も、元気な時に読めば「なんでここまで凹んでたんだろ?」って思うと思う。


同居してた時は毎日【死】にとらわれてたけど、アパート核家族生活になってからは【死】はあまり意識しなくなった。


でも、婆ちゃんが迎えに来て、『一緒に行く?』と誘われたら行っちゃうと思う。完治はまだまだ遠そうだね。


今、気付いたけど
ダンナの実家と私の実家、双方に行く勇気がなく、双方とも断った自分に自己嫌悪してるのかな?

もう人生の半分くらいは生きてるはずなのに、何やってんだろうね、私。
スポンサーサイト

[2010/08/15 02:03] 未分類 | TB(0) | CM(0)

■元同居嫁、近況。 


お久しぶりです。

私は不健康ではありますが、不健康なりに元気です。
最近やっと家族全員が別居アパート生活に慣れた気がします。

今のダンナはあまり怒らなくなりました。で、家事をほぼしてくれてます。
で、なんとなく私の病気について理解が出来てきたように思えます。

ダンナは初めて親元から離れる事によって、視野が広がったのではと私は思ってます。

ダンナはなんだかんだと家に顔を出しています。で子供も連れて行ったりもしてます。

ダンナいわく、家に行く度に親が小さく老けていっていると言います。孫と暮らす楽しみがなくなり老けていっていると考えているようです。

私はそれを聞いて、それは家から出て、家の外から家を見れる様になったからだよ、実家の家族が老いていくという感情は、私は嫁に来た時からずっと思ってるよ。でもそんな頻繁に実家には帰れないから寂しい思いをしたよ、と伝えました。

ダンナは自分でも気付いていないけれど親離れというか家離れというか、私と結婚して自分自身の家族が出来て、それを支えるのは自分だという意識が欠けていたと思うのです。

私も人の事が言える程、自立出来ていませんが、ダンナは無意識に生まれ育った家と両親に甘えていたのだと思います。


【別居】には、私が義父母と離れて心の平穏を取り戻す事と、ダンナの自立の意味がありました。
その効果は見られていると思います。

ダンナが朝の支度をし子供達を送り出してくれます。私を起こしたりはしません。子供にお弁当がいる時は、お弁当を進んで作ってくれてます。私が仕事から帰宅すると夕飯をダンナが作ってくれてます。

私は起床したら昼近くという事が多い日々です。鬱病に加え、重めの鉄欠乏性貧血だという事が解り、服用する薬が増えてしまいました。

貧血が解ってから、より私が本当にダルいのだと解ってくれた様に見えます。

最初は慣れないアパート暮らしに、引越し疲れに、夫婦でモメる事もありましたが、話し合いでお互い妥協出来る様になってきました。

あと、私はトラウマになってしまったのか、ダンナの実家からの電話に出れないし、顔を出すのも顔を見るのもダメダメになってます。夕飯を一緒にと誘われる事もあるのですが、心がザワザワしてダメなのです。

アパート暮らしは快適です。刑務所から出れたみたいな気持ちかも?

長くなったので、
この辺で。

[2010/08/09 13:09] 未分類 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。